新着情報

  • HOME
  • 新着情報一覧
  • 6/11 Dream Pub with Science 「3DプリンタであなたもMAKERSになれる!?」
2013.06.14 教育応援プロジェクト活動報告

6/11 Dream Pub with Science 「3DプリンタであなたもMAKERSになれる!?」

6月11日にリバネスの直営店である三軒茶屋のアゲマキにて「Dream Pub with Science」を行いました。

事前申込で総勢43名の方が参加いただきました。

今回のテーマは「3Dプリンタ」。最近いろいろなメディアにも取り上げられているものづくりの新しい4種の神器の1つです。

(4種の神器は、レーザーカッター、CNC、3Dプリンタ、3Dスキャナ)

 

19時40分に乾杯のあと少し腹ごしらえをしてから、

オートデスク株式会社の塩澤さんに「3次元モデリングを始めよう!」というタイトルで123Dというフリーの個人向けの3次元モデリングソフトの紹介をいただきました。

自由にデザインができたりする123D Design や、iPadで粘土の模型のようにいじれる123D Sculptなど様々なものがフリーで手に入ります。

完全にゲーム感覚でつくれるのがすごい。。。

autodeskshiozawa

 

話題提供の後、早速ダウンロードして遊んでいるかたがいました。

 

後半は、株式会社ピルクスの内村さんが自社で開発した3Dプリンタの紹介をいただきました。

3Dプリンタは、パソコン上で3次元モデリングソフトでつくったものを、現実のものにすることができます。

内村さんからは自社でつくられているロボットを例に、今まで金属等をつかった加工技術の課題点をあげ、それを解決する方法として3Dプリンタでの加工方法を紹介いただきました。

3d

説明後は、実際に3Dプリンタを使ってデモンストレーションをしていただきました。

参加者のみなさんには、この装置でつくった造形物(ロボットと星)をプレゼントされました。

このプロジェクトはfacebookのページで全ての図面等が公開されているオープンソースハードウェアになっています。

 

これだけ簡単に思ったものがつくれてしまう3Dプリンタ。

これから、マニアックな人たちだけでなく、芸術家、学校現場、子ども達とどんどんいろいろな人たちが

活用しはじめることでしょう。リバネスでも、教育企画をこれからつくりますので、是非お楽しみに。

 

DSC_2908