ホーム 教員研修 【参加者募集中@7/17大...

<終了しました>【参加者募集中@7/17大阪】サイエンスキャッスルゼミ 〜高校生からの論文講読講座〜

1204
0

株式会社リバネスでは、2012年から始めた中高生のための学会「サイエンスキャッスル」を起点とし、中高生の研究活動を支援し続けています。

今年からは新たに「サイエンスキャッスルゼミ」というプロジェクトを発足し、中高生研究をさらに加速させる取り組みを始めました。サイエンスキャッスルゼミでは、各種スキルアップセミナー、研究体験ワークショップ、個別面談など、中高生研究の課題を解決するサポートを実施しています。(サイエンスキャッスルゼミについてはこちらを参照してください。)

7月のサイエンスキャッスルゼミでは、「高校生からの論文講読講座」を開催いたします。本講座では、中高生の査読付き論文をまとめたオープンアクセスジャーナル「Journal of Emerging Investigators(以下JEI)」を活用し、行います。
JEIは2012年から発足し、現在までに50本以上の中高生の科学論文が公開されています。分野は幅広く、8分野(物理学、生理学、心理学、環境科学、消費者の科学、生態学、生医学、遺伝学など)以上の研究が集まっています(図2)。さらに、中高生が執筆した論文であるため、他の中高生にも理解できるような研究テーマや文章となっているため、授業などへの活用には最適です(ex. 心拍数に対する音楽の効果についてハギーズとパンパースのどちらのおむつの方が吸収性があるか?)。
論文を活用した教育については、教育応援6月号の特集にて紹介しております。是非ご覧ください。

 

セミナー概要
◯日時 : 7月17日(日)16:30~18:30
(教育応援6月号では、7月10日(日)16:30~18:30とお知らせしていたところですが、諸事情により、誠に勝手ながら日程を変更させていただくことになりました。)
◯定員 : 10名
◯対象 : 高校1年生以上(教員の方も参加可能)
◯場所 : 株式会社リバネス 大阪事業所 大阪市中央区北浜1-5-7 北浜MDビル3階
◯費用 : 無料
◯内 容
●論文には決まった「型」が存在します。その「型」を理解することで、何をポイントに論文を読めば良いのかが分かります。
●講義、ワークを通して、論文を自身の研究活動に生かしていく「考え方」を養います。
[講義]
・論文講読の意義について
・論文の「型」について
[ワーク]
・「型」を意識して、論文を理解するワークショップ

☟☟☟☟参加のお申し込みはこちらのフォームからお願いいたします☟☟☟☟

フォームを送信するには、ログインする必要があります。

*
ご担当の先生のお名前をご記入ください。
*
ご担当の先生のお名前をご記入ください。
E-mail*
ご所属・学校名*
○○県立▲▲学校の場合、▲▲学校のみお書きください。(学校以外の場合はご所属組織をご記入ください)
学校区分1*
学校区分2*
指導教科
当日連絡の付く電話番号*
ハイフンをつけて半角英数でご記入ください。
何でこの研修を知りましたか?*
研修への意気込みや講師への要望*
ご一緒に参加を希望される先生がいらっしゃいましたらお名前をご記入ください
合計参加人数* 半角数字でご記入ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください