ホーム イベント 【モデルロケット開発】Gi...

【モデルロケット開発】Girls’ Rocketry Challenge 第二期のプログラム参加校募集を開始します

67
0

本プログラムでは、理工系に興味がある女子中高生を対象に、火薬で打ち上げるモデルロケット作りにチームを組んで挑戦いただきます。モデルロケット開発は、アメリカのSTEM(科学・技術・工学・数学)教育において広く取り入れられているプログラムで、日頃学んでいる物理や数学などを活用して実践でき、かつ高い安全性も証明されています。

今回、第二期プログラムに参加していただける学校を3校募集します。参加チームそれぞれが切磋琢磨しながらオリジナルのモデルロケット開発に挑戦し、2018年5月の全国大会への出場を目指します。モデルロケットの基礎講習とライセンスの取得から、2018年の5月に開催される全国大会への参加まで、リバネスとロッキード マーティンと一緒に挑戦してくれる参加者をお待ちしています。これまでモデルロケットに触れたことのない方も安心してご参加ください。(協力:Lockheed Martin Corporation、日本モデルロケット協会、企画・運営:株式会社リバネス)

モデルロケットとは

モデルロケットは、火薬エンジンを使用して時速約180kmで大空高く打ち上がる模型ロケットです。世界では50年以上の歴史があり、これまで5億回を超える打ち上げで無事故です。火薬エンジン以外は自由に作ることが可能で、安全な宇宙教育教材として世界的に親しまれています。日本では、モデルロケット協会が発行するライセンスを取得することで、誰でも打ち上げることが可能です。毎年3月、5月、8月、10月に国内の全国大会が開催され、7月にはアメリカ、イギリス、フランス、日本の4カ国が参加する世界大会も開催されています。

2017年度プログラムのスケジュール

2017/10 上旬〜中旬:任命式・モデルロケット講習会
21日(土):モデルロケット全国大会見学(JAXA筑波宇宙センター)
11 各学校でモデルロケット開発
打ち上げ記録会1(3競技の打ち上げ体験)
12 23日(土)サイエンスキャッスルで参加校による研究経過プレゼンテーション
2018/1〜2 各学校でモデルロケット開発
リバネススタッフによる学校訪問
3 各学校でモデルロケット開発
打ち上げ記録会2(最終調整に向けての打ち上げ実験)
4 各学校でモデルロケット開発
5 モデルロケット全国大会参加(JAXA筑波宇宙センター)
6 修了式・交流会

 

Girls’ Rocketry Challenge 2017 募集概要

活動期間: 2017年10月〜2018年6月
募集校 : 中学校・高校 3校(各校3〜8人の女子チーム)
※本プログラムは理工系に進む女子生徒を応援する目的のため、参加は女子生徒に限ります。
※募集地域は限定しておりませんが、各イベントの会場は関東地域となります。
参加費 : 無料(開発に必要な基本的な機材は支給します。ライセンス取得費用等もサポートします。各イベント会場への交通費は学校負担となります。)
設備条件: モデルロケット開発にあたり、学校のグラウンド等で打ち上げができることが望ましい。
申込締切 : 9月17日(日)24:00まで
申 込:下記フォームからお申し込みください。
https://goo.gl/DciKSn

教員向け説明会を実施します!

日時:2017年9月3日(日)16時〜17時半
場所:リバネス東京本社
(東京都新宿区下宮比町1番4号 飯田橋御幸ビル4階)
内容:プログラム概要のご説明、日本モデルロケット協会からモデルロケット開発について、APCO Worldwideからロッキード・マーティン社の紹介の紹介、質疑応答
申 込:下記フォームからお申し込みください。
https://goo.gl/DciKSn