ホーム 先端科学実験教室

先端科学実験教室

リバネスは 2002 年の設立当初より、先端科学を題材とした実験教室を通し、大学や企 業にある先端知を社会に還元する活動を行って参りました。2007 年に、教育や研究活動 の重点領域を、バイオ、環境、アグリ、ナノテク、宇宙の 5 つに定め、特に近年注目され る「バイオ」、「環境」、「ロボティクス」の分野を軸に、企業、大学の専門家とともに 100 の教育プログラムを開発いたしました。

学問領域

バイオ:主に生命現象を対象とした学問領域。

キーワード:生命科学、バイオテクノロジー、医学、薬学、微生物学など

企画一覧を見る

環境:生命と環境とのかかわりを対象とした学問領域。

キーワード:地球温暖化・外来種など環境問題、新エネルギー、農林水産学、畜産学など

企画一覧を見る

ロボティクス:ものつくりを軸とし、最終的にはロボット開発までを視野に入れた領域。

キーワード:素材、機構、電子工作、プログラミングなど

企画一覧を見る

実験教室実施までの流れ

  1. お問い合わせ…リバネスには様々な実験教室メニューがあります。これら を参考にしながら、どのようなプログラムにしたいか、対象、所要時間、 ご予算、その他のご要望など、お気軽にご相談ください。
  2. お打ち合わせ…リバネスの社員が先生とお打ち合わせさせていただきます。 ニーズやご予算にあわせた最適な教育プログラム案を提案させていただき ます。
  3. 実施の決定…実施内容が決定しましたら「申込契約書」を締結し、実施に 向けた準備を開始いたします。
  4. 実施に向けたお打ち合わせ…実施前に再度先生とお打ち合わせし、講義内 容、実験系、配布資料、事前準備物等の確認をいたします。
  5. 実験教室実施…当日は、メインの講師の他に生徒 4 〜 6 名につき 1 人(目 安)のスタッフが参加し、丁寧に講義と実験を進めていきます。実施場所 については、実験教室開始時刻の 2 時間前から、終了後 1 時間後まで使用 いたします。
  6. 振り返り…実施後、振り返りの打合せを行い、フィードバックをいただき、 実施報告書を作成、提出いたします。今後の施策についても提案させてい ただきます。