冊子『someone』

ホーム バックナンバー 冊子『someone』

vol.03 2007秋冬号

『someone』秋冬号で、ホッとあたたかなサイエンスを

vol.04 2008春号

季節はめぐって冬から春へ。 暖かい日差しが差し込むと、気分も明るくなるのはなぜでしょうか。

vol.05 2008夏号

夏が近づき、日も長くなったこの頃。部屋の電気ではなく、窓際で太陽の光をたよりに『someone』を読んでみてはいかがでしょう。

vol.06 2008秋冬号

わたしたちの頭上にひろがる空間、宇宙。ガリレオ・ガリレイが世界で初めて望遠鏡を夜空に向けてから約400年

vol.07 2009春号

2009年は、ダーウィンがうまれて200年、生物進化論の礎になった「種の起原」の発刊から150年。

vol.08 2009夏号

ガリレオ・ガリレイが空に望遠鏡を向けたのは、ちょうど400年前のこと。

vol.09 2009秋号

7月31日,若田宇宙飛行士が国際宇宙ステーションでの長期滞在を終え,地球へと帰還しました。

vol.10 2009冬号

「光」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?ついつい、太陽や電球の光を思い浮かべてしまいますが

vol.11 2010春号

新しい生命が芽吹く季節、春になりました。毎年、寒い冬を乗り越え、溢れんばかりの成長をみせてくれる植物たち。

vol.12 2010夏号

2010年6月、ワールドカップ南アフリカ大会で世界が盛り上がる一方で、40年後の2050年には