ホーム 教育CSR大賞2012

教育CSR大賞2012

kyouikuouengp-bnr03リバネスが2006年から運営している「教育応援プロジェクト」は2011年12月、参加企業が100社を超えました。
そこで、産業界と教育界の連携を強め教育CSR活動をさらに促進するため、新たに「教育CSR大賞」を設置いたします。

ノミネートプログラム一覧はこちらから

ウエブ投票はこちらから(2012年は締切ました)

2012年受賞結果はこちらから

実施報告書のダウンロードリンクはこちら

教育CSR大賞の発表は教育CSRシンポジウム(12月22日(土))にて行われました。

当日の様子はこちらから

 

2013年のエントリー企業を募集しています

★詳細は担当者までお問い合わせ下さい(問い合わせフォームはこちら)

教育CSR大賞2014投票

 

教育CSR大賞がきまるまで

2012年6月14日(木) 教育応援プロジェクト受付開始
2012年10月1日 ノミネート企業発表
2012年10月10日(火) WEB投票開始
2012年12月 特別審査員による上位プログラムへの評価・投票
2012年12月22日(土) 教育CSRシンポジウム内にて、大賞その他各賞を表彰

教育CSR大賞の想い

教育CSR大賞は、教育応援プロジェクトに参加する企業の先進的な科学教育活動の中から、学校の先生の投票により、「学校で活用したい」、「子どもにすすめたい」と思うプログラムを選出し、子どもの未来を応援する素晴らしい活動として表彰する制度です。全国各地の先生が参加する試みは他に例のないものです。

本取り組みをきっかけに、子どもの興味や将来の夢を育てるために外部講師との連携を期待している先生と、それぞれの理念のもとに未来を担う人材育成に力を入れる企業との連携を促進し、新たに教育応援活動に参加する・受け入れる企業、学校が増え、より価値あるプログラムを子どもたちに届けていければ幸いです。

プレスリリース

教育CSR大賞、12月22日(土)決定

審査のポイント
審査にあたっては、下記をどのような方法でいかに達成しているかのかがポイントとなります。

①子どもの成長
子どもに新たな視点や発見を与えられる活動や、日本の明るい将来像を示せる活動など、教育的価値が考慮されているかどうか。

②企業の成長
社会貢献活動の実現、マーケティング、社内人材育成など、企業にもメリットがあり、企業として継続性のある活動であるかどうか。

審査者
一次審査者:教育応援プロジェクトに賛同いただきご登録の先生約1000票
※教育応援プロジェクトの主旨に賛同し、企業の活動に積極的に協力してくださる先生です。現在1000名が登録し、実験教室の開催や情報交換、アンケート調査に協力いただいています。
二次審査者:教育CSR活動に詳しい学校の教育者や大学の研究者など外部の有識者など7名程度

問い合わせ
株式会社リバネス 教育応援プロジェクト事務局
担当:立花、楠
電話 03-6277-8041
Email [email protected]

担当からのメッセージ
本プロジェクトが発足した時、教育応援企業は14社でした。教育応援先生の募集をしたと き、登録者は3ヶ月で8名でした。それが今は100社になり、先生は1500名に広がりました。やがて全国すべての地域に教育応援企業があり、希望する すべての学校へ価値あるプログラムが届く…。それを目指して、まずは第一歩を踏み出します。多くの先生のご投票、お待ちしております!